葬儀のお香典の水引マナー

お葬式の香典!水引の正式なマナーは?

水引の結び方と書き方

「水引とは結婚式やお葬式の際にお渡しする現金を包んだ袋にかける帯紐のことです。

水引の意味は、第一に未開封であることを証明するもの、第二に人と人とを結ぶ、という意味が込められているそうです。

水引にはいろいろな種類がありますが、色によって、使われ方が違ってきます。

まず、結婚式やお祝い事に使われる赤と白(紅白)の水引はよく目にすると思います。
そして、葬儀の時に使われる黒と白の水引です。

この黒と白の水引は、日本の全国で使われているそうで、新しい地に引っ越していった先にお葬式があった場合でも、黒と白の水引を使うと問題がないとのことです。
中に、青と白の水引を使う場合もあるようですが、基本的に濃い色である青を右に、薄い色である白を左にして、結ぶようです。

また、京都や北陸、山陰地方では、黄色と白の水引が多く使われるそうです。
右側に濃い色である黄色、左側に薄い色である白が来るようにします。

関西地方では、黄色と白ののし袋が売っているとのことで、特に、京都では黄色と白の水引を使うことが一般的とのことです。
地域によって差がありますが、お葬式の際には黒と白の水引、その後の法要の際には黄色と白の水引を使うところもあるようです。

また、二つの帯が両方銀色の水引(双銀)のものは、お香典の金額が高額の場合に使われるそうです。
近しい親族が亡くなり、高額のお香典を包む際にはこの二つの帯が両方銀色のものを使うのが良いそうです。
(目安としては5万円以上のお金を包むときとのことです。)

水引の意味と色の種類について

水引にはいろいろな結び方がありますね。 例えば、結婚式では一度結んだら離れない…といった意味を込めて結び切りを使います。 その結び方によってさまざまな意味があり、使う用途も異なってくるそうです。 このページでは水引の結び方について調べてみました。 皆様のお役に立てれば幸いです。

お香典の相場やのし袋の使い分け方

一般的に葬儀に参列すると言っても、自分とどれだけ近しい方のご葬儀かによって、お香典の金額も変わってきます。 このページでは、3つの場合に分けて、ある程度の相場とそれにふさわしい香典袋について調べて見ました。 普段、あまり考えないことですが、いざという時のために見ていきましょう!

漢数字の書き方

お香典に書く金額は漢数字が礼儀だとか…。いざ、漢数字で書こうとしても、なかなか分かりませんよね。 このページでは、お香典の金額を書く際の書き方について調べてみました。 いろいろしきたりがあって大変ですが、一度覚えてしまえば簡単ですので、見ていきましょう。