>

お香典の相場やのし袋の使い分け方

同僚・近所の方の場合

近所の方や会社関係の方のお葬式には、お香典はだいたい3000円から5000円だそうです。
この場合、本物の水引のついたのし袋でお香典を手渡すと、かえって失礼にあたるそうなので、注意が必要です。

この場合は、シンプルなのし袋(表書きや水引が印刷されているもの)を用いるようにします。
このシンプルなのし袋はコンピにエンスストアや100円ショップでも購入可能だそうです。
お札は新札を使わず、何回か使った形跡のある古いお札を使用し、中袋の表側に、紙幣の裏側が来るようにします。

間違っても、本物の水引を使ったのし袋に入れないように注意してください。

次ページでは、さらに近しい親族や友人の場合のお香典について考えてみます。

親族・近しい友人の場合

一般的に、親族の方のお葬式のお香典は1万円から3万円になるようです。
とくに親友だった場合のお友達でも、1万円が相場だそうです。

この場合は、香典袋は黒と白の水引の普通の大きさのものにすると良いようです。

一万円ですと、やはりかなり高額ですし、ちゃんとした水引のついたもので、水引が印刷された香典袋にはしないようにすることが大切です。

また、親族の中で、自分の両親や、兄弟姉妹に当たる方が亡くなった際には、お香典の相場は5万円以上だそうです。

お香典の金額が高額ですので、帯が二つとも銀の(双銀)のものを使用すると良いようです。
大きさも中くらいのサイズから大きめのサイズを用意しましょう。

このような大きめの香典袋は大型文房具店で売っている場合が多いようです。


この記事をシェアする