>

漢数字の書き方

覚えてしまえば簡単!漢数字!

お香典で使う漢字は主に一から万までですよね。
ここに一つずつ書き出してみます。
一は壱、二は弐、三は参、四は四、五は五、六は六、七は七、八は八.九は九、十は拾になります。
また百は壱百、千は仟、万は萬、円は圓になります。

例えば3千円は三仟園、1万円は壱萬円になります。

ややこしいですが、今ではネットですぐに出てくるので、それを見ながら書いても大丈夫だと思います。

前述もしましたが、お香典に使うお札は新札は避け、使用感のあるお札にします。
新札を用いると、「不幸を待っていた」という意味になり、ふさわしくないようです。
少し、しわになってしまっていたり、シミがついていても大丈夫なようなので、普段使っているお札から出すようにしましょう。

お香典の出し方

もし、お通夜とお葬式の両方に参列するという場合、先のお通夜にお香典を渡すそうです。

まず受付に行き、お香典をお渡しします。
その際、「ご冥福をお祈りいたします。」や「この度は非常に残念です。」など、一言添えると、気持ちが伝わります。

お香典をお渡しすると、お返しの券を渡されることも多いかと思います。
その場合は、その件をお通夜やお葬式が終わるまで持っていて、お式が終わったら、お返しを受け取りにその券を受付の方にお渡しします。

葬儀は、専門の葬儀屋さんが勧めてくださいますので、その流れに従っていれば、問題はないと思われます。

いつ葬儀が起こっても慌てないように、日頃から情報収集はしておいた方が安心かもしれませんね。


この記事をシェアする